2017年02月12日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

大寒波の中、出雲へ

昨日は出雲の新規のお客様への訪問でした。

長寿のご記念に写真を中心としたアルバムを制作されたい
とのご要望です。

今回もとても良いご縁をいただきました。
いつも良い方ばかりで本当にありがたいことです。

昨日は写真の整理を行い、次回はご両親への聞き取りを行います。
今回はどんなお話をお聞きできるのか、とても楽しみです♪


IMG_20170211_171905.jpg

大雪が予想され心配していましたが、肩透かし…
出雲は少し積もりましたが、大田は全くありませんでした。

posted by 細田次郎 at 09:35 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年02月07日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

松江南ロータリークラブ 様

昨日は松江南ロータリークラブ様にお招きいただき、
例会にて『家族(親族)を知ることの大切さ』について
お話しさせていただきました。

大変なお歴々の皆様、人生の大先輩の皆様の前でお話しさせて
いただくなど恐縮至極で身がすくむ思いでしたが、何とか
無事に終えることができました(ホッ…)。

でも継伝とその意味を松江の方々に少しでも知っていただけた
ことはとてもありがたいことでした。

お誘いいただいたF様には心より感謝しておりますm(__)m


IMG_20170206_164859.jpg

会場は松江エクセルホテル東急でしたが、いつものように写真撮り忘れ…
というか、そんな心の余裕はありませんでした(^_^;


posted by 細田次郎 at 11:49 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年02月03日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

節分祭

昨夜は物部神社の節分祭の前夜祭を見に行きました。

というより、嫁の父親から「そばをおごってやるから」という
言葉につられて行きました。
神社で食べるそばがまたおいしいんです♪


20170203091205.jpg

20170203091230.jpg

23時からは火付け式。

20170203091258.jpg

各家庭から持ち寄ったしめ縄などを燃やさるようですが、
すごいボリュームで驚きました。


20170203091315.jpg

今日も燃え続けるようです。





posted by 細田次郎 at 13:16 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月29日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

広島

昨日は広島のお客様を訪問しました。
結構雪深い山間部です。

戦争時代を過ごされた方で、なかなか一般の方がしないような
経験をされた方のお話をお聞きしています。

戦時中のお話をたくさん聞かせていただいていますが、歴史史料と
しても大変貴重なお話の数々です。

人それぞれいろんな人生があります。
少なくとも「お金が幸せをもたらすのではない」(もちろん必要最低限の
お金は必要ですが)
という事をつくづく実感した日でした。
教訓いっぱいの継伝になりそうです。


IMG_20170128_103236.jpg

IMG_20170128_104800.jpg




posted by 細田次郎 at 20:36 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月22日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

新嘗祭

今日は地元大田市鳥井町の佐比賣山(さひめやま)神社の
『年賀祭』でした。
私は神様にお供え物を献上する役と、神事の後の恵比寿舞奉納
の時に鯛を釣竿に付ける役を賜りました。

地元では『宮上がり』と呼び、初老から還暦、卒寿の方まで
長寿招福の祈願も行います。
ちなみに私は来年初老になります。
もうそんな年なんですよね…(涙) でも初老とはよく言ったもので、
この年でちょうど身体の変化をつくづく感じるところです(^_^;


20170122212313.jpg

20170122212146.jpg

20170122212039.jpg










posted by 細田次郎 at 21:42 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月20日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

第二次世界大戦

仕事柄、戦争を経験された世代の方から話を聞く事があります。

戦争の"悲惨さ"は経験したことのない我々も含めて誰もが知ることですが、
当時の大東亜戦争(太平洋戦争)の生の体験を聞けば聞くほど、ではなぜ
日本が戦争に突入してしまったか、というのは考えるところです。

私たち(私は昭和52年生まれ)の世代は、教育から、
「当時の日本は軍国主義で、大東亜戦争(太平洋戦争)は日本の侵略戦争。
 中国を主として、アジア各国にひどい事をした」
と何となく意識している人が多いと思います。
また我々以下の世代は、愛国心などかなり薄れている気がします。
そういったあらゆる日本人の母国に対する意識が占領軍の戦略により、
戦後長い年月をかけじわじわとアメリカの計画通りに意識改革されてきた事
を、今、私たち日本人は認識する時期に来ているのかもしれません。

少なくとも、大東亜戦争はアメリカに無理やり引きづり込まれた戦争で
あることは認識しておかなければならないと思います。

中国・韓国・ロシアとの領土問題、安保法案の議論などによって、戦争とは
意識の上で全く縁遠かった私たちの世代も、なんとなく意識せざるを得ない
世相になってきました。
こういった国と国との問題を私たち国民が考える前に、まずは日本人総体
として、正しい歴史認識を持つ必要があるのではないでしょうか。

posted by 細田次郎 at 10:45 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月16日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

仮屋

昨日、1月15日(日)は地元の親子会で大田市の伝統行事
『仮屋』を復活させて行いました。
私が子どもの頃は大田市内の各地で行っていましたが、
人口減少と手間不足から現在では行う地域が限られています。

『仮屋』とは、歳徳神(『歳神さん』とかこの辺りでは『としとこさん』
と呼んだりします。その一年の福徳をもたらす神様)に仮の場所
(昔は民家を毎年持ち回りにしたりしていた)にお越しいただき、
その一年の無病息災を祈願し、その後立てた千木を燃やし(とんど焼き)、
その火でしめ縄や書初めを焼いたり餅を焼いて食べたりするものです。
最近流行りの恵方巻きは、歳徳神のいる方向(今年は北北西)を向いて
食べると今年が良い一年になると言われるものです。

地元の子ども達に伝統行事の大切さと思い出を作ってもらうために、
地元自治会の方々にもご協力いただきながら今回復活させることができました。

よりによって今年最大の寒波の日に当たりましたが、滅多に積もらない雪
もあり、子ども達も楽しんでいました。
大人にとってはこういう環境でお酒を飲むのは最高ですね♪
私もついつい日本酒を飲み過ぎてしましました(^_^;

DSC_0202.JPG
歳徳神への祈願

DSC_0215.JPG
餅焼きのための親子網作り

DSC_0226.JPG
昔の豚小屋をきれいにし、囲炉裏に

DSC_0228.JPG

DSC_0239.JPG

DSC_0258.JPG
餅、するめ、赤ハゼ、おきいわしを焼きました。
最近の子ども達は赤ハゼなどよう食べないかと思ったら
結構食べていました。カルシウム満点です。

DSC_0277.JPG
悪天候のため千木は立てれませんでしたが、軽いとんど焼きを
行いました。
子ども達(3つの自治会で7人)に一年の豊富を語ってもらいました。


地元鳥井小学校の全校生徒は50数人、私が小学生の時の半分です。
そのうち他地域の小学校との合併は免れないでしょう。

子どもが減ってきている分、親も減り、仕事もサラリーマンなので
手間がとれず、地域の伝統行事はどんどん減ってきています。
でも人が少ないからと伝統行事を減らしていっては、子ども達の郷土愛は
育ちにくくなると思います。若者の人口流出が過疎地域の大きな課題ですが、
こういった地域行事は子ども達に将来帰って来てもらうためにもとても
大切だと思います。
是非来年以降も続けていきたいですね!








posted by 細田次郎 at 09:00 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月11日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

初『神社エール』

今日は、新年初の『神社エール』の取材で、大田市五十猛町(イソタケチョウ)
の伝統行事「グロ」を取材しました。

朝鮮と関わりが深いこの五十猛町は、韓神新羅神社や神島など朝鮮や
神話に根差した名前のものがたくさんあります。

スサノオノミコトとイソタケルノミコトが朝鮮から日本に渡って
最初に上陸した地だと言われています。

グロが残っているのは大田市でもここだけで、毎年取材陣も多数来られるようです。

今回は、グロ、五十猛の神話、朝鮮との関わりのお話を歴史研究家の方からお聞きました。
地元でも知らない事がまだまだありますね。

2月末放送です。


IMG_20170111_081951.jpg

IMG_20170111_082342.jpg

IMG_20170111_083054.jpg

IMG_20170111_090224.jpg

IMG_20170111_094958.jpg

IMG_20170111_101236.jpg

IMG_20170111_111016.jpg

14日に神事、15日の朝にとんど焼きが行われますが、それまで地元の
方々がこの中で餅やスルメを焼いて食べたり漁師さんが宴会をしたり
されます。これほどうまい酒は無いかもしれませんね。






posted by 細田次郎 at 20:47 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月07日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

家系図

新年最初のお仕事は家系図の納品でした。

普段は継伝を制作させていただく時に、家系図も一緒にお作り
するのですが、今回は昨年末に家系図のみのご注文をいただきました。

お客様がある程度まとめた資料や謄本を辿って4系統の家系図を
作らせていただきました。


IMG_20170107_105930.jpg

これはパソコン画面ですが、実際にはきれいな紙に印刷し、
付属資料も含めたデータをCDにし、納品させていただきます。

きれいにまとめておきたいけど、どうしていいか分からない、
なかなか腰が上がらないという方もおられると思います。
過去帳と謄本(代理取得可能)さえあれば、そこから辿って作りあげる
ことができますので、お気軽にご相談いただきたいものです。

戸籍は年数が経過すると抹消されていきます。
早いうちに一度まとめておかれることをお勧めしています。
先祖を知ることは自分を知ること、また命のありがたみを知ることです。



posted by 細田次郎 at 11:18 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年01月02日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

新年のご挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます。
昨年もニッチノーマスをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

昨年一年を振り返りますと、継伝を通していろいろと素敵なご縁を
頂けた年でした。
また、継伝だけでなく地元ケーブルテレビの神社の番組を通して、
たくさん神社に参拝させていただいたなあという思いもあります。

神道でもキリスト教でもイスラム教でも『祈り』の行為があります。
仏教でも念じます。
祈ることとその影響は目に見えないことですが、きっと森羅万象は
意識の上でもつながっていて祈りが影響するのだと思います。
それは人間が長い歴史の中で培ってきた知恵であって、だから人間は
祈るのではないでしょうか。神社とその地域の歴史にたくさん触れる
ことで強く感じるようになりました。

今年も継伝の発展を祈り、たくさん感謝をし、意識を高め、良縁を
楽しみにしつつ邁進したいと思います。
皆様、本年もどうごよろしくお願いいたします。


20170102141223.jpg

今年は元旦1時より地元のさひめ山神社で『恵比寿』舞いが披露されました。
私も恵比寿さんの釣竿に鯛をつけさせてもらいました。
昨年までは参拝客が少なかったのですが、この企画のおかげで多かったですね。
近年は一宮の物部神社や出雲市の出雲大社など大きな神社に初詣に行く人
が多いですが、やっぱり地元の氏神様に最初に参らないといけませんよね。


posted by 細田次郎 at 14:17 | Comment(0) | 紡ぎ部日記