2017年04月05日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

花が咲くのを見ると、春だな〜という気がしますね。

菜の花はとてもきれいです。
輝きを放っている菜の花畑を見つけました。
桜もそうですが、満開の時は輝きを放ちますね。

でも桜は少し散りかけたくらいがきれいに見えます。
ポツポツ桜の花が咲きつつあります。
お花見が楽しみですね。


IMG_20170401_120226.jpg

IMG_20170401_120434.jpg



posted by 細田次郎 at 08:37 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年03月28日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

出会うべくして

先週末は地元の新規のお客様宅へ訪問しました。

その方のご主人のお話をお聞きしていたら、まあ考え方生き方に
共感でき、自分も似た面が多くあるなあと思いました。
やはり似た者同士、どこかで出会うようになっているのか。

それとそのご先祖様のお話をお聞きしたら、これまた別の遠く離れた
お客様のご先祖と結びつきがあると思われるご足跡でした。
これまで引き合っているのか。

これはオカルトでもスピリチュアルでもありません。
不思議だけど、見えない力が働いている。この仕事をしているとよく思います。


IMG_20170304_173339.jpg



posted by 細田次郎 at 08:27 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年03月24日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

部活

先日、久しぶりに中一になる長男のテニスの試合を見に行きました。

私は経験はないのですが、大人になって客観的に見ると、こうした方がいい、
ああした方がいいと目につくものです。
それを息子に指摘すると、「やったことない人に言われるとムカつく」と
怒り出すので言いませんが^^

私は中学の時野球部でしたが(万年ホッケ)、自分がやっている時は
客観的な目を持てませんでした。今の目でもう一度やってみたいと思いますね。


IMG_20170320_105834.jpg


posted by 細田次郎 at 10:08 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年03月18日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

先祖が喜ぶ

昨年末から我が家の継伝制作に取り組んでいます。

いつも思うのですが、ご先祖のことを調べていると、不思議と
いろんなことがつながっていきます。
関連する情報が次々にこちらから求めずともやってきます。

私はいつも「ご先祖が喜んでるなあ」と感じます。
(関わった人でないと分からないと思いますが)

細田家のことを調べていたら、何十年ぶりに遠くにいる祖母方
の親戚が訪ねてきたり、母方の親戚が遠くから帰ってきたり。
まるで祖母や母方の祖先から「私の事も少しは載せといて」と
頼まれているようです。
だから私もその流れに身を任せて、調べます。

この前は母の里、大田市波根町上川内(かみごうち)の歴史散策
に誘われ、行ってきました。
参加者は皆さんご高齢で若手は唯一私だけ。数奇な目で見られて
いましたが、最後に母の兄さんが私を紹介してくれ、皆さん納得。
色々発見があり、楽しかったです。


DSC01730.JPG

DSC01732.JPG

DSC01741.JPG

旭山頂上.JPG

九州にいる母の兄さんが法事で帰ってくることになり、明日は
母の兄弟が夜集まるので、先祖の話を聞かせてもらうことに
なっています。こんな機会はもうないでしょう。
これも「引き寄せ」かな?

posted by 細田次郎 at 08:09 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年03月13日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

太田川

先日の土曜日は広島のお客様へ訪問しました。
いつも関係者の方がお昼ご飯をご用意いただくのですが、
旬の野菜などを生かして手の込んだ手料理が最高においしく、
私にとって楽しみの一つとなっています。
来月か再来月には皆様で島根に遊びに来ていただける事になり、
どこにご案内しようか、今からとても楽しみです♪

お客様に訪問する前に、広島市内の太田川の撮影。


DSC_0120.JPG

DSC_0118.JPG

原爆投下の日、被爆された方は皆太田川に集まりました。
土手は被爆した人でぎっしり埋め尽くされたそうです。
川には、入って泳ぐ人、亡くなられた人が大勢。
中でもこの写真の地点は川と川がぶつかり、流れが止まるところのため、
隙間が無いほど死体で埋め尽くされていたそうです。
そのことを想像すると、祈らずにはおれません。

今回のお客様の足跡は、原爆の記録を残すことにもなります。
本当に貴重な機会を与えていただきました。




posted by 細田次郎 at 20:33 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年03月04日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

この頃、晴れて気持ちの良い天気が続いています。
思い切ってスタッドレスタイヤもノーマルに変えました。
微妙なところですが、「もう降らない」にかけました。

菜の花も咲き、春を感じますね。
一番春を感じるのが、花や目がかゆくなり出したこと。
「熱っぽいなあ」と思ったら、いつも花粉症の始まりですね(^_^;


img3b0dd87ezik8zj.jpg






posted by 細田次郎 at 15:18 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年02月28日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

石見銀山

今日は仕事の用事で大田市大森町の石見銀山に行きました。

石見銀山も世界遺産に登録されて今年の7月2日で10周年。
大田市では10周年を記念して様々なイベントが企画されています。

中でも一番大きなイベントは、市民の有志が主体となって立ち上げた
『オペラ石見銀山』
https://www.facebook.com/operaiwami/
私も実行委員会メンバーの一員として関わらせていただいています。

私が住んでいるような田舎ではオペラを上演する場所もないため、
身近でない人がほとんどですが、オペラに目が肥えている方々の
中では大きく注目している方も多いようです。
東京の新国立劇場での開催も決まっています。
どんな反響あるのか、当日の7月2日が楽しみですね。


DSC_0206.JPG

写真撮りがてら散策しました。
天気が良く、最高に気持ちよかったです。
昔よくしていた山登りがしたくなりました… いつかゆっくり…

DSC_0196.JPG

(清水谷製錬所跡)

DSC_0266.JPG

『オペラ石見銀山』に関わりの深い、佐毘売山(さひめやま)神社。
オペラにぴったりの物語があるんです。

DSC_0256.JPG

この神社はかなり遠方にあるし階段も長いので上がる人は
ほとんどおられないとみられ、ひっそりとしていました。
境内に質の良い高齢女性用の手袋が片方落ちていました。
落とした人はとても見つけることはできないだろうし、届ける交番
も無いからあきらめておられるだろうなとは思いつつ、念のために
観光協会がやっているお土産屋に届けてみました。
観光協会さんも『うちに届けられても…』と聞こえてきそうな
表情をされましたが、ものを見せたら、
「これ、探している人がいました!」
とのこと。
なんかすごくいい事をした気がして、さらに気分がよくなりました^^








posted by 細田次郎 at 21:31 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年02月26日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

先日は、大田市大屋町鬼村で『鬼』の研究をされておられる方との
打ち合わせに伺いました。

鬼が伝説上のイメージがあるだけに、誰しも鬼の研究と聞くと、
ちょっと怪しさを感じるかもしれません。
でも、鬼とは鬼村を拠点とした石見王朝鬼族のことで、石見神楽のシンボル
とも言えるスサノオのヤマタノオロチ退治にも通ずるなど様々な仮説は
一概に否定すべきものでは無いと感じました。
あくまでも仮説なので、信じる信じないは人それぞれですが、少なくとも
大田市民にとってはロマンを感じさせるお話です。


IMG_20170223_163635.jpg
大屋町と言えば、『鬼岩』。
その方の仮説では、石見地方の『石見』の語源だとか。


IMG_20170223_163622.jpg


鬼の詳しいお話は、4月の『神社エール』で放送予定です。



posted by 細田次郎 at 10:08 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年02月22日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

地元有志の会

先日、地元の有志で飲み会を行いました。

場所は、1月に地元自治会の親子会で伝統行事の『仮屋』を復活
させたのですが、その時に使用させていただいた小屋です。
ある地元の社長さん所有の小屋ですが、昔はブタ小屋だったらしく、
仮屋のために協力いただき、きれいにしてくださいました。


IMG_20170217_201230.jpg

IMG_20170217_201244.jpg

これからここが、地元を盛り上げるための有志の集まりの場と
なります。
今回はとりあえず、7月に行われる『豊山さん』という地元の祭り
を盛大なものにしようという話になりました。
私たちが子どもの頃は出店が出たり盛大な祭りですが、少子高齢化、
手間不足から現在では親子会がバーベキューをするくらいです。

きっとこれから鳥井の町は盛り上がっていきます。
そんな気運をひしひしと感じましたし、私たち若手(初老ですが…)
がその役目を担って行かなければなりません!
一番足元の地元を一番大切にしなければいけませんよね^^
posted by 細田次郎 at 21:02 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2017年02月15日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

まつぼっくり

今日は出雲のお客様へ聞き取りに伺いました。
戦時中の話など、貴重なお話が聞けて良かったです^^

帰りは浜山公園に寄って、まつぼっくりの収集。
まつぼっくりって炭を起こすのに最適の燃料になるって
ご存知でした? 着火剤よりよっぽど火がつきやすいです。

昔はどこでも拾えたまつぼっくり。
驚きですが、今はそこら辺で簡単に見つけられるものではありません。
私の住むいなかでさえ。
私の秘密の場所は浜山公園。全く隠れていませんが…(汗)


IMG_20170215_175016.jpg


posted by 細田次郎 at 19:50 | Comment(0) | 紡ぎ部日記