2019年12月25日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

年末

年末ですね。
天気が良すぎて、年越しを迎えようとしていると思えない気分です。
今日などとても暖かく暖房いらずでした。

ここ数日は簡易郵便局がバタバタしています。
年賀状や払込など、たくさんのお客様に来局いただき、感謝です。
とにかく来局いただいたお客様を大切にする、それが第一だと思っています。
若い頃に長く営業をしていて、自分の中で一番感じていたことです。

無理に商品を勧めたり、売上を取りにいこうとするのは、いつかひずみを
生むような気がします。

先週より継伝の新しいお客様が始まりました。
その他、今年は出雲でもご縁をいただいています。
継伝の良さ、大切さを一人でも多くの方に知っていただきたいです。
毎回、お客様の喜びが自分の喜びとなっています。

息子が中3の部活を終えてからボクシングを始めています。
私も昔からボクシングが好きなので(見るのは)、何か楽しみでは
ありますが、子供が殴られるのを見るのは恐いものですね。



DSC_0158.JPG

DSC_0172.JPG

娘は中学校を卓球をやっていますが、今年は卓球部が結構強く、
来年の総体が楽しみです♪
この前初めて団体戦を見ましたが、みな接戦をするのでハラハラドキドキ、
おもしろいものですね^^

posted by 細田次郎 at 18:54 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年11月30日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

鳥井町文化祭

去る10月27日に鳥井町文化祭を開催いたしました。

今年から若手有志の会が結成され(自分も含め)、初めて文化祭
にてたくさんの飲食ブースを提供いただきました。
体協さんと明福会(老人会)女性部さんによる餅つき即売も催し
いただき、その他にもガレージセールや射的・くじなど、多くの
出店がありました。
そして、初のイベントとして、『銀山あゆみ太鼓』さんによる
太鼓演奏も披露していただきました。

快晴に恵まれたこともあり、多くの町民さんから「本当に良かった」
との言葉を頂けるほど例年を大幅に上回る来場者で大賑わいの
文化祭となりました。
めでたしめでたし♪

高齢化のため、設営など大変な面もありますが、毎年改善を加え、
少しずつ良くしていきたいですね^^


DSC_0692.JPG

DSC_0563.JPG

DSC_0577.JPG

DSC_0585.JPG

DSC_0731.JPG

DSC_0651.JPG

DSC_0618.JPG

DSC_0620.JPG

DSC_0598.JPG

DSC_0762.JPG
posted by 細田次郎 at 22:07 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年10月18日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

地域コミュニティ

台風19号により災害に見舞われた皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。

運動会の季節ですね。
しかし、地元鳥井町では町民運動会が台風により中止、市内各地でも中止が相次ぎました。前日は強風でしたが、当日は元々晴れの予報。やろうと思えばできる天気でしたが、前日に反対多数で中止となりました。8月14日の盆踊りも微妙な天気でしたが、中止となりました。
今は本当に運動会に出たくない人、中止を願う人が多いようです。ここ大田市では、人数不足で参加自体を取りやめる自治会も増えてきています。
昔は年に一度地域の人たちで和気あいあいと競技を楽しむ行事だったはずですが、今や仕方なく参加する人の多い運動会、いや、その他も含む地域行事。理由は色々あると思います。世話する若者が仕事で忙しい、休日出勤の増加、他に楽しみがいくらでもある。

何だか寂しい気がします。せっかく世代を超えた地域の人々がふれあえる機会を喪失しているからです。このようにして現代は住民同士のコミュニケーションが希薄になり、情緒が薄れていってしまっているのでしょうね。
時代の趨勢だとは思いますが、日本にとって良い傾向だとはどうしても思えません…

とりあえず10月27日の鳥井町文化祭は、今年から若手有志などによる食の出店が一気に増え、盛大に開催される予定です(^^♪


鳥井文化祭チラシ.jpg

posted by 細田次郎 at 19:40 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年09月27日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

『神社エール』

地元のケーブルテレビ、ぎんざんテレビさんでお世話になっている番組『神社エール』。
神社とその町の歴史を紹介する番組です。
最初はあまり有名ではないが、その地域地域で大切に守られている神社にスポットを当てる所から始まりました。それがだんだん構成パターンも増え、研究者や歴史家の方、学芸員さんなどと町歩きをしたり、地域の取組みを紹介したりもするようになりました。
はっきりいつから始まったか覚えていませんが、3年は続いており、お陰様で今では地元のご高齢の方にはよく顔を覚えていただいているようです。

学生の時は赤面あがり症で、人前で話すのが最も苦手だった自分、というより一対一でも人とあまりしゃべることができなかった自分が、テレビの前でしゃべっていることが不思議です。高校の頃一番きらいだった教科が日本史で、勉強する意味さえ見い出せずテストで7点を取ったこともある自分が、興味深く歴史を掘り下げていることも不思議ですね。
分からないものです。


70832824_1363678017137068_3755188502162046976_o.jpg


posted by 細田次郎 at 19:43 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年09月07日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

2019 夏の終わり

涼しくなりました。

昨年の夏があまりに暑い日が長く続いたため、今年の夏は短く感じました。
子どもの頃は気温が30℃になると驚いていたものですが、今は涼しく感じます。不思議なものですね。
でもこのまま気温が上昇して40℃とかが当たり前とかになったら、ほんとに怖いですね。

長い時間をかけて制作を進めてきた記念誌、民話集、継伝の完成が続いています。
自然につながるご縁を大切にして、ご縁の流れに身を任せている今日この頃。
最近は良縁ばかりになってきている気がします。


DSC_0925.JPG

DSC_0928.JPG

DSC_0930.JPG

DSC_0938.JPG

8月にまちセンの行事「寺子屋」にて鳥井小の子ども達に盆踊りを
教え、その後流しそうめんをしました。
子どもの頃に憧れていたけど一度もしたことの無かった流しそうめん♪
食べるの体験してみたかったですが、大人は終わってから室内での
食事となりました。




posted by 細田次郎 at 14:41 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年08月09日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

夏シーズン

猛暑日が続きますね〜(^^;

昨年に比べれば暑くなる日が遅かっただけに、まだ過ごしやすい夏シーズンといえるのかもしれません。去年はやたらソーメンがほしくなっていましたが、今年はそうでもありません^^

例年夏は地域のイベント盛り沢山でバタバタしています。
今年は「空手イタリア代表団の招致」活動に始まり、大田市のお祭り「天領さん」でのスタッフと写真展準備、地元「鳥井町盆踊り大会」の事務局と盆踊り保存会としてのくどきなど、盆が終わるまでは準備に追われます。
でも役割を頂くというのは、ありがたいこと。地域ごとというのは日本人としてのアイデンティティを培う上でもとても大切な場だと思います。特にこれから社会を支えていく子ども達にとっては。

若い学生時分は都会にあこがれ、田舎に対する嫌悪感さえあった自分が、今となっては大きく考え方が変わり、田舎に住み地域ごとに触れることの重要性を大きく感じています。
人生の折り返し地点ともいえる40歳を過ぎてくると、考え方や世の中の見方なども若い頃とは随分変わるものだなあとつくづく感じます。見えるようになったものもあれば、見えなくなったものもあるのかもしれません。今確信している考え方も、60歳になった時には違っているのかもしれませんね。
若い頃は仕事でもイキがって年配の方によくつっかかっていましたが、今思えば相手は自分が見えていないものも見ていたはずだし、若い時のようには動けないわけで、自分が相手の立場に立てていなかったということを実感しています。反省反省(^^;


DSC_1033.JPG

DSC_1035.JPG

写真展準備風景。
例によって本番の写真を撮り忘れ…

posted by 細田次郎 at 19:07 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年07月15日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

空手

6月15日〜25日の10日間、空手イタリア代表団を大田市に招致しました。
私の友人であり、地元大田市で空手道場を開いて20年以上子ども達に
空手を教えている森脇靖氏とイタリアナショナルチームのリッカルド監督
とのご縁がきっかけで2年前から招致活動を進めてきました。

全国どこの地域も自治体が推進者となっていますが、大田市は手を挙げて
いないので、我々民間主体の招致ということになりました。

大田市では(というより全国的に)空手の人口は少ないです。
今回の招致活動でも、ある程度予想もしていましたが、空手への関心の低さを
感じる部分もありました。
琉球王国(現在の沖縄)発祥であり、世界で見れば競技人口は野球の2倍も
あるにも関わらずです。
今回10校の小中学校を訪問し交流を行いましたが、各校で監督が
「空手経験のある人?」と質問していましたが、ほんのわずかでした。
イタリアの選手たちによれば、イタリアの方が盛んだと話していました。

そう言う私も空手経験は0です。
でも今回空手をやる意義がよく分かりました。
世界一流の選手団に来てもらって、大田市の子ども達に触れてもらってとても
良かったと思いました。
皆オリンピック出場を目指す権利のある選手たちでしたが、ヨーロッパは
とても強いので、出場自体は厳しい競争のようです。
「がんばれ〜!!」 陰ながら応援しています!


IMG_8039.JPG
我が母校、息子の母校、娘が通っている大田市立第二中学校にて

(詳しい活動内容はFBに載せています)
https://www.facebook.com/ohdacamp/?ref=bookmarks
posted by 細田次郎 at 16:18 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年05月06日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

GW

一生に一度あるかないかと思われるGW10連休(お仕事の方もたくさんおられますが)、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は一泊だけ家族サービスでしまなみ海道付近に旅行に行ってきました。

初日は、娘と妻の要望に合わせ府中のイオンモール。いつものごとく私は行く所が
ないので、本屋→車で待機という旅行らしからぬ時間を過ごします。

宿泊は、大崎上島というフェリーでしか渡れない島にある『きのえ温泉ホテル清風館』。
部屋と風呂がオーシャンビューで、職員の皆さんの接客もとてもよく素敵なお宿でした。


DSC_0447.JPG

この島は昔は造船業で賑わっていて最盛期には30数社の造船会社があり、国内を
航行する船の大半を造っていたそうです。しかし、木造船から鉄鋼船に代わった事で
斜陽になり、現在は3社しかないそうです。
送迎運転手のおじさんに聞きましたが、この島も他の地域同様少子高齢化が著しく
住民は年金暮らしの人が大半のようです。昔は季節になると島全体がみかんの香りに
包まれるほどみかん栽培が盛んでしたが、現在は高齢化で作る人が少ないそうです。
せっかくその土地にあった名産になる素材があっても、人手不足でできないというのは
現在多くの地方が抱えている問題なのかもしれません。

2日目は初日に決めましたが、しまなみ海道を転々とすることに。
メインは生口島の『耕三寺』。
私はこのお寺を知りませんでしたが、妻が会社の人にしまなみに行くなら行った方が
いいと勧められ、行ってみることに。


DSC_0453.JPG

DSC_0460.JPG

訪ねてびっくり、すごい建物でした。
耕三島は「西の日光」とも呼ばれるほとで、大阪の元実業家の方が慈母への報恩感謝の
思いを込めて建立された浄土真宗本願寺派の寺院で、「母の寺」と呼ばれているそうです。
個人の財産でこれだけのものを建てられるとは… その信仰のお気持ちがすごいです(*_*)


DSC_0465.JPG

地下に300mにも渡る洞窟があり、地獄絵図や仏様が並んでいます。

DSC_0473.JPG

丘を登ると「未来心の丘」と呼ばれる、広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石
の庭園があります。こちらも他の地では見られない不思議な空間です。

一度は行ってみられることをおススメめします^^



posted by 細田次郎 at 15:51 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年04月14日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

韓国からの送り物

ここのところ韓国の反日対応が目に余りますね。
常軌を逸すると言ってもよいそのやり方、対応はとても残念ですし、
日本人として本当に憤りを感じます。

久しぶりに地元の浜辺を歩いてみたら、漂着ゴミの多さに驚きました。
年々増えているように感じます。私が子どもの頃はこんなに無かった
と思います。
そのゴミのほとんどが韓国からの漂着物、ハングル文字が書かれた物です。
たまたま流れ出てしまったものかもしれませんが、これだけ多いと廃棄して
いると思われても仕方ありません。
地元のきれいな海の汚れた景色はとても残念です。
なんとかならないものか…


DSC_0375.JPG

DSC_0374.JPG

DSC_0378.JPG

DSC_0376.JPG

DSC_0377.JPG
posted by 細田次郎 at 13:25 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2019年03月17日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

卒業式

先日、長男が中学校を卒業しました。

私の母校、大田市立第二中学校。
私たちの時代は荒れに荒れまくっていたのですが、
今はたまたまなのかとてもいい子たちばかりです。
最後のホームルームは涙涙。まあ一番涙を流していたのはうちの長男ですが…。
感情の薄い私に似ずに、極端に感受性豊かな妻に似たようです。
今日は卒業記念に10人くらい泊まりに来るのだとか。私の居場所が…(汗)
まあ楽しそうにやっているので何よりです。


DSC_0113.JPG

DSC_0296.JPG



posted by 細田次郎 at 12:10 | Comment(0) | 紡ぎ部日記