2015年02月03日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

存在感

 〜 80代 サラリーマン勤めをされてきた方(男性)の継伝より 〜


○○事業部で三年勤めていた頃、入社して一番嬉しかったことが起こった。
それは、自分は○○というところに配属になったのだが、そこに得意先から
○○○○ ○○事業部○○係 ○○○○様≠ニいう宛名が書かれた封筒が届いたのだ。
それをもらった時に「私も会社の一員としてお客さんが認めてくれたんだ!」
と、存在価値を認められたように感じ、すごく嬉しかった。

そのようなことで、目立つと言えばおかしいが、やはり、自分を覚えてもらう
人間にならないといけないと思う。

『人間というのは存在価値がなくなったら、やる気を失うのではなかろうか』
という思いに至り、一生懸命仕事に取り組んだ。

posted by 細田次郎 at 10:03 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年12月11日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

お客さんはみな平等

 
 〜 80代 お店経営者の方(女性)の継伝より 〜

もうね、お客さんが一番大事なん。
お客さんの服装とかで態度を変えたらいけん。

ええのを着とんさるけぇおべんちゃらしたり、粗末を着とるんさるけぇ
悪い態度とったりしたらいけん。
もうみんな平等にせんと。


そうしといたらもう大丈夫。
昔からそう思っとるの、私。


posted by 細田次郎 at 15:38 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年09月12日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

大地の恵


 〜 80代70代ご夫婦の継伝より 〜


夫 うちは実家に木や竹がいっぱいあるので、今でもそれを持って帰って木で風呂を焚いている。
妻 いいか悪いかは別にして、大体うちは少しずつ非文明的なものを残した方がいいという主義なんですよ。水も半分井戸水を使っている。

  昭和58年の水害でこの辺が断水して水洗トイレが流せなくなって、あっちこっちから水をもらいにうちに来られた。やっぱり何かがあった時には原始的なものも必要だなあと思いましたよ。お風呂も薪半分、灯油半分で炊いています。
夫 大地の恵みを大事にせないけん。



posted by 細田次郎 at 09:00 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年08月19日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

御天道様は見抜き見通し

〜 60代女性の方の継伝より 〜

お天道様は見抜き見通しだけ、とにかく間違えたことせんようにせないけん。
人をごまかしたりするとみんな我が身に降り掛かってくるから真面目にしとかないけん。
真面目に仕事しとるとお天道様が見とって平等にしてごいちゃる。
人間はみんな平等だけ


posted by 細田次郎 at 14:59 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年07月28日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

人の満足


〜70代男性
 長年自営業を営んでこられ、夏祭りの代表世話人をされてきた方の継伝より〜


金ばっかりじゃないけなあ。
誰でもなあ、銭かけて相手が満足することならいいだあ。
相手が金で満足せんことがいっぱいあるけ。
それは日頃の付き合いやらああいうことで。


posted by 細田次郎 at 10:41 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年07月09日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

世話焼き

 〜 大田市に住む70代男性の継伝より 〜

その時に渋谷さんから教わったのは、
「世話を焼いとって、世話焼いたもんが得するようなことしたらダメだけな。
 配分するにしても世話焼きは一番悪いところを取らないけん」

とその事をくどく言われた。

それが私にとっては大きな教えで、それ以来ずっと心掛けているし、私が世話を焼く時は
みなさんにもそう言っている。そうしないと人はついてこない。


posted by 細田次郎 at 09:58 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年06月14日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

人付き合い


〜 70代自営業男性の方の継伝より 〜


長年やってきて、商売上大事なのは人付き合いだと思う。
いい人と付き合わないといけない。
いい人と付き合うといい人を呼ぶ。

自分に無いものを持っている人と付き合うと、自分が教えてもらうことも多い。



posted by 細田次郎 at 13:41 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年06月11日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

信頼関係

〜 70代女性の方の継伝より 〜

人生修行ですから。
言ってはいけないことは絶対言わんとかね。
そういうようなことは個人情報の前の段階ですからね。

「このことは言ってくれるな」って言われたことは絶対言わんようにしないといけない。
それが修行ですよね。それで真の友情ができるわけですからね。
だから真の友達ってそんなにたくさんいないはずですよ。
一度信頼関係が崩れたらもうダメですからねえ。





posted by 細田次郎 at 12:16 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年03月18日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

世界


 〜 会社経営者60代女性の方の継伝より 〜


よく人が「そんなこと考えられない」とかって言いますけど、
考えられるんですよ。違う世界もあるんですよ。


世の中いろんな世界があってちゃんと死なずに生きていけるんです。

ただそれを自分のこだわりで容認できるかできないかという話であって。

『いろんな世界があるんだ』という柔軟思考に立っていないと、
それこそ一人で苦しんでしまいます。



posted by 細田次郎 at 09:52 | Comment(0) | 継伝から知る教訓

2014年02月17日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

酒の力

〜 70代男性 地域活動をされている方の継伝より 〜


やっぱり私が思うのは、物事を起こすには酒を飲まないと絶対にダメ。
酒を飲む会を作らんと物事は絶対ダメだね。

この前もある集落営農に行ったんだけど、そこの人が
「アイデアは酒を飲んだ時に出る」
と言っていた。

米が採れたら収穫祭やりましょう、ある作業をやったら打ち上げやりましょう
とその時に飲むやんか。
その時に出たアイデアが全ていい風にいっているらしい。



posted by 細田次郎 at 20:41 | Comment(0) | 継伝から知る教訓