2013年01月26日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

雲州平田の木綿


現在の出雲市平田町は「雲州平田」と呼ばれ、
江戸時代には全国的にも名の知れた良質の木綿
により、商人の町として栄えていました。



島根県奥出雲町から出雲市に流れる“斐伊川”という大きな川があります。
(社会の教科書にも出てきますね!)
奥出雲でさかんに行われていた“たたら製鉄”では、江戸時代中期頃から
この斐伊川に土砂を流し、砂鉄を選別する採鉄法を行っていました。

その土砂が下流の出雲地域まで流れるので、川の水位が上がり、出雲では
たびたび洪水がおき、住民を苦しめていました

そこで1635年(寛永十二年)、出雲を通って日本海に抜けていた斐伊川の流れ
を政策的に宍道湖に注ぐように川違え(人工的に川の流れを変える)を行いました。

その後、政策的にその流れを宍道湖の西側に広がっていた「平田湾」に流入させ、
上流からの土砂を利用して埋め立て(沖積)、広大な新田開発が行われたのでした。

その新田は宍道湖の塩分を含んでおり稲作には適さなかったので、塩分に強く
換金性の高い作物の“木綿”
が栽培されるようになり、宍道湖西岸には綿花地帯
が広がりました。

そうしてできた木綿は、1818年〜1829年には京阪、北陸、九州などに向けて大きな
取引
が行われるまでになったのでした。

その江戸中期の佇まいや文化は『木綿街道』として現在も引き継がれています。


image323.jpg
imageさsd.jpg

               (斐伊川)
 砂が多いのは砂鉄を採るため土砂を大量に流入させたため。
S2-斐~1.JPG


        
   木綿街道の中には約250年前の酒蔵もありますよ〜^^
   今はこんな風になってます(中の一部)。

DSC00949.JPG

DSC00952.JPG


  詳しいことを知りたい方は 『木綿街道振興会』 さんまで。
  上記元酒蔵に事務所があります。
  出雲の歴史、詳しく教えてもらえますよ〜♪
     http://momen-kaidou.jp/




posted by 細田次郎 at 19:26 | Comment(0) | 継伝から知る歴史・伝統・文化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: