2013年01月13日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

ニッチノーマスとは?

何だかおこがましい気がして記載を控えていたのですが(^^;、

「ニッチノーマスってどういう意味?」「ニッチノーマスが何なのか気になる」

という意見をよく頂くので、今日は屋号である“ニッチノーマス”命名の由来に
ついてお伝えしたいと思います。


当初僕がこの継伝を考えついた時、もちろん自分ではいいものだと思いましたが、
いいものかどうかは消費者の皆さまが決める事であって、独りよがりでは事業としては
成り立たないと思っていました。

そこで自分の空想の話で継伝を1冊作り、色んな年代の人にそのサンプルを見てもらい
ながら、継伝がどういうものかを説明し、意見を聞いてみました。
するとほとんどの方が 「これはいい!」 と言ってくださり、実際に制作されるであろう
年代の方々も 「これは作りたい人がいるはず!」 と言ってくださったので、僕は継伝に
可能性があると信じ、事業化する事を決めたのでした。

そうやって意見を聞いている中で経営者の方からこんな感想も頂きました

「しかしニッチだね〜。」

ニッチとはニッチ産業(隙間産業)という意味です。
当然です。これまで継伝のような商品は世の中に無いわけですから…。
ニッチもニッチ、超ニッチです。

その後実際にお客様何人かの継伝を作らせて頂きました。
お客様の反応は予想以上でした。制作過程から本ができるまで様々なドラマが生まれました
それは自分の想像を超えたものでもあり、
『これは人に大きな影響を与え、世のためになる商品だ』
そう確信するに至りました。

この時点でまだ屋号はありませんでした。継伝は商品名(ブランド名)なので、屋号を
作らないといけないと考えていました。

そこで、これだけ人に喜んでもらえ、影響のある商品であるのならば、世の中に広め、
『何とかニッチではなくマス化(大衆化)したい!』という願いから、
「ニッチ? No, マス!」⇒ ニッチノーマス(Niche Nomass)となったのでした。


resize0323.jpg


posted by 細田次郎 at 21:31 | Comment(0) | ニッチノーマスとは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: