2018年07月01日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

1日限りの『相生座』

6月23日、大田市のサンレディー大田にて「一日限りの『相生座』」
が開催され、ご依頼によりフロアにて写真展を開催させていただきました。

相生座とは昭和30年代まで、大田町相生にあった大衆演劇場です。
各地の一座や、地元の劇団による演劇が行われ、市民を楽しませていたようです。
この度、かつての劇場を忍び、地域を盛り上げようと、相生在住の
和田理容院の和田氏を中心に実行委員会が立ち上げられ、開催に向けて
準備を進めてこられました。

大田小唄に安来節、大衆演劇と様々な発表がありましたが、500人の会場は
完全に満員御礼、大変盛り上がり、皆さん大満足の公演となりました。
おかげ様で「懐かしの大田 写真展」も大好評だった模様♪
私も全ての発表に見入ってしまいました。美郷町吾郷の地域住民で結成されて
いる青吾会さんの演劇は、素人とは思えない演技で、笑いあり涙有りで
私もホロッと来てしましました。打ち合わせでお会いしている時は普通の
お兄さんだったのに、あんな演技をされるとは… 

昔の人はこのような大衆演劇で笑い、泣き、日頃の疲れを癒していたのだと
想像しました。

『オペラ石見銀山』に続き、来場者が喜び活気に沸く大変貴重な場に
立ち会わせて、ありがたい限りです。

再演を願う多くの声に押されて第2回が…… あるのでしょうか…。
あれだけ皆さんを喜ばせたのだから、あってほしい… ですね^^


DSC_0067.JPG

DSC_0201.JPG

DSC_0422.JPG

DSC_0239.JPG

DSC_0525.JPG

DSC_0532.JPG

DSC_0135.JPG




posted by 細田次郎 at 20:13 | Comment(0) | 紡ぎ部日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: