2016年11月11日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

なぜ先祖のことを知った方が良いのか

松下幸之助さんの著書にこんな事が書いてありました。
長文ですが、まさに継伝の狙いと言いますか、意味するところです。



先祖にもいろいろな人がいる

考えてみれば、お互い人間一人ひとりにも、その人の生い立ちというか、いわば個人の歴史ともいうべきものがあります。
二十歳の人なら二十年の歴史、五十歳の人であれば五十年の歴史というものがあるわけです。そしてその個人の歴史をふり返ってみますと、ある時は気の毒な人を助けて感謝されたというようないい面もあるでしょう。また反対に、他人に迷惑をかけたといった悪い面もあるだろうと思います。

そのような自分の過去をふり返って、今後いかに生きていくべきかを考える場合の参考にするというのは、これは人間として当然なすべきことでしょう。そして、自分の歴史において、悪かったと思うこと、あやまちであったと思うことは再びやらないように気をつけ、よかったと思うこと、好ましいと考えられることは今後の人生に生かしていけばいいわけです。
そのようにして、自他ともの幸せに結びつくような、よりよい人生を送っていきたいとだれでも願っているのではないでしょうか。そういった意味で、過去の歴史をふり返ることは非常に大切な意義を持っていると思うのです。

また、個々の人間はそれぞれに家庭、家族の一員でもあります。
そして、その家庭、家族というものについて考えてみても、親の代、そのまた親の代というように、それぞれ過去の歴史を持っているわけです。そういう家族の歴史においても、先祖にあたる人びとはそれぞれにいろいろなことをしていると思います。
二十代前のある先祖は世のため人のために非常な貢献をしているけれども、十代前の別のある先祖は世の中に大きな迷惑をかけているという場合もあるでしょう。十代の先祖をとってみて、三人はよいことをした、五人は平凡に生きた、あとの二人はいささかよくないことをした、ということもあると思います。

そのように、先祖の姿は、その時代、その個人によっていろいろだと思われます。そういうものが、われわれ一人ひとりの家庭、家族の歴史だといえるでしょう。そして今日に生きるわれわれは、そういった先祖の歩みというものをよく知って、自分がよりよく生きていくための参考にすることが大切だと思うのです。


(『日本の伝統精神 日本と日本人について』より)
posted by 細田次郎 at 08:39 | Comment(0) | 継伝から知る教訓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: