2015年06月28日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

営業として大切なこと

〜 60代男性、大手メーカーを営業一筋で退職された方の継伝より 〜

私どもはメーカーなので、営業は目に見えるものをお客様に買って頂く仕事だった。
私が昔からずっと信念として掲げているのは、お客様のところに行ってモノを売る事を
前面に出してはダメだということ。
モノを売る前に人を売らないといけない。
自分がお客様から信頼されたらモノは後で自然についてくる。
「買ってください、買ってください」というのは営業ではない。
私は営業の真髄はそうじゃないかなと思う。


posted by 細田次郎 at 14:41 | Comment(0) | 継伝から知る教訓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: