2014年09月12日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

大地の恵


 〜 80代70代ご夫婦の継伝より 〜


夫 うちは実家に木や竹がいっぱいあるので、今でもそれを持って帰って木で風呂を焚いている。
妻 いいか悪いかは別にして、大体うちは少しずつ非文明的なものを残した方がいいという主義なんですよ。水も半分井戸水を使っている。

  昭和58年の水害でこの辺が断水して水洗トイレが流せなくなって、あっちこっちから水をもらいにうちに来られた。やっぱり何かがあった時には原始的なものも必要だなあと思いましたよ。お風呂も薪半分、灯油半分で炊いています。
夫 大地の恵みを大事にせないけん。



posted by 細田次郎 at 09:00 | Comment(0) | 継伝から知る教訓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: