2016年12月29日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

年の瀬

いよいよ今年も残り2日となりました。

今年はなぜか年末という気がしませんね。
雪が降っていないからでしょうか。

来年1月には地元自治会の親子会で大田市の伝統行事
『仮屋』を復活させることになりました。
仮屋とは、千木(高い竹を立てたもの)を仮の社として年神様に
お越しいただいて、一年間の無病息災を祈願し、お餅などを囲炉裏
で網を使って焼いて戴くなどする行事です。

最近手間不足などから仮屋を行う地域もかなり減っていますが、
こういったお祈りしたり感謝したりする機会を子ども達に持って
もらう事はとても大切なことだと思っています。


IMG_20161227_142515.jpg
物色!

posted by 細田次郎 at 20:02 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2016年12月24日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

初オペラ

この前、初めてオペラを見に京都(京都芸術劇場 春秋座)へ行きました。
今年はつくづく京都にご縁があるなあと感じます。

来年大田市の世界遺産石見銀山が世界遺産登録10周年を迎えますが、
そのメインイベントが市民が主体となって立ち上げた
『オペラ石見銀山』です。
私も実行委員会の一員として関わらせていただいているのですが、
恥ずかしながら今までオペラを一度も観たことがありませんでした。
30代40代から成る青年部があるのですが、誰も見たことが無かったので、
代表として3人で観に行かせていただきました。


IMG_20161217_140105.jpg

演目は初心者でも観やすいと言われる『カルメン』。
やはりオペラというのは品を感じるものなんですね。
いろんなことを知っておく事は大切だと思うので、良い経験ができました。


IMG_20161217_114431.jpg

お昼は最近密かにファンになっている天下一品の総本店が劇場から歩いて
行ける距離にあったので、ラーメンをすすりました。
島根にはない細麺の牛すじ入りを食べましたがおいしかった〜


IMG_20161217_225817.jpg

今度はいつ来れるか、京都。
まだまだ行きたいところがたくさんあります。








posted by 細田次郎 at 17:39 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2016年12月22日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

朝露

昨日はお客様の取材で、出雲市、掛合町と巡りました。

朝7:30に出発しましたが、大田市内は一部霧が発生して
いましたが、出雲市に入ると町全体が霧に包まれ遠くが
見えませんでした。


DSC_0025.JPG
(大田市波根町の霧が発生している景色)

この時期は早朝、田んぼは朝露に覆われ、そこに朝日が射す
と何とも言えない幻想的な風景になります。
何か空想の世界にでも来たような感覚になります。
おそらく今しか見れない光景なので、是非注目してみてほしいです。


posted by 細田次郎 at 11:50 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2016年12月16日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

試飲

『甘酒』の試飲。

もうすぐ今年も終わりますね。
地元鳥井町では鳥井まちづくりセンター長が色々地域おこし
を考えておられます。

鳥井には佐比賣山(さひめやま)神社という地元の神社がありますが、
近年、新年の初詣での参拝客がすごく少ないようです。
私も今年のちょうど年明けに参拝しましたが、ほとんど参拝客を
見かけませんでした。
この辺だと物部神社や出雲大社に行かれる人が多いのだと思いますが、
最初に氏神様にお参りするのが本来です。

という事で、今年は大晦日には2つのお寺で豚汁やおしるこを
振る舞い、新年を迎えたらそのまま佐比賣山神社に来てもらって
石見神楽の恵比寿舞いを披露し、甘酒を振る舞うという企画をされた
そうです。

素晴らしい企画ですね!
まずは一番足元の地元を大切にしなければなりません。


IMG_20161215_133645.jpg


posted by 細田次郎 at 22:34 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2016年12月15日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

鎮魂祭

少し前のことですが、11月24日に物部神社で特殊神事の
『鎮魂祭』が執り行われました。

日本で宮中と3つの神社でのみ執り行われているお祭りで、
その3つの神社の中でも物部神社が一番宮中と近いもの
だそうです。

不思議と地元ではあまり知られておらず、たくさんの参拝客
が来られるのですが、9割以上が県外の方。
私も初めて参りましたが、実際世話人さん以外は知らない人
ばかりでした。
世間で名が知られている方も数人おられ、毎年来られているようです。

ありがたいご縁で娘が「猿女(さるめ)」(古代、神祇官に属し、
大嘗祭や鎮魂祭などの時に神楽や舞などの奉仕をした女官)役に。


IMG_20161110_171909.jpg

本当は頭や体に植物を巻きつけているのですが、本番は撮影禁止です。
しゃべってもいけません。


201606011421139572723.jpg
(物部神社HPより)

20161128092129.jpg

IMG_20161124_184807.jpg

私も近くで見させていただきましたが、本当に厳かなお祭りでした。
ありがたや、ありがたや。

posted by 細田次郎 at 18:25 | Comment(0) | 紡ぎ部日記

2016年12月06日

家族の絆をつむぐ本-継伝-

京都

一昨日は取材の関係で京都に行きました。

最近は不思議と京都に行くことが多く、京都の地理に大分詳しくなりました。
地下鉄などの路線も大体分かるようになりました。

今回も素晴らしい出会いをいただきました。
また、お客様に関わる色々な発見もありました。

やっぱりこの仕事はいいですね。
私自身の幅を広げてくれます。


IMG_20161204_092733.jpg

早朝のバスからの景色は何とも言えません。
この時期ならではでしょうか、朝露と霧で田舎まちの景色は独特の雰囲気です。
写真は太陽ですが、映画かアニメの世界にいるような感覚になりました。


IMG_20161205_080540.jpg

IMG_20161205_080523.jpg


posted by 細田次郎 at 09:39 | Comment(0) | 紡ぎ部日記